カテゴリー別アーカイブ:

「市塵」

「市塵」
藤沢周平
講談社文庫

新井白石という人物にスポットを当てた小説。学校の歴史のなかではそういう名前の儒者がいたという程度のことしか学んだ覚えがありませんでした。「生類憐れみの令」などの悪政で有名な徳川5代将軍綱吉、その後を受けた6代家宣の政策顧問のような立場で政治改革をすすめた人物として白石が描かれています。自分自身にあまり知識のない歴史上の人物についての小説、新鮮です。数々の改革について淡々と語られていく感じで、藤沢さん特有の素晴らしい自然描写や人々の描写が少々弱い感じもしました。でも終盤権力の座から降りてその悲哀を感じていく辺りにはいつもの藤沢さんらしい魅力を感じました。

(27.4k)

6月の読書メーター

6月の読書メーター
読んだ本の数:6
読んだページ数:1743
ナイス数:61

BT’63BT’63
読了日:06月27日 著者:池井戸 潤
20年の歩み20年の歩み
読了日:06月25日 著者:八ヶ岳歩こう会
玄鳥 (文春文庫)玄鳥 (文春文庫)
読了日:06月20日 著者:藤沢 周平
そして、バトンは渡されたそして、バトンは渡された
読了日:06月15日 著者:瀬尾 まいこ
墨攻墨攻
読了日:06月09日 著者:
玄鳥さりて玄鳥さりて
読了日:06月01日 著者:葉室 麟

読書メーター

「そして、バトンは渡された」

そしてバトンは渡されたそして、バトンは渡された
瀬尾まいこ
文藝春秋

実の父母から血のつながらない親へと次々と環境の変わってきた主人公:森宮優子。でもバトンを渡されたそれぞれの親が主人公を暖かく見守り育てていく。非現実的ではあるけれど、やさしさのリレーでじんわりと温かいおはなしでした。

(27.2k)

「玄鳥さりて」

玄鳥さりて玄鳥さりて
葉室 麟
新潮社

樋口六郎兵衛と主人公:三浦圭吾は道場の天狗・隼とよばれる同門で凄腕の先輩・後輩。六郎兵衛は何かと圭吾を支えてくれるが、圭吾は順風満帆で権力に近づいていく。そんな主人公が次第に六郎兵衛を信じられなくなっていく。権力を得て大事なものを見失っていく主人公と不遇でありながら武士道を貫いていく六郎兵衛をうまく描いているなと思いました。

「墨攻」

墨攻「墨攻」
山本甲士
小学館

はじめて読む作家です。

2300年前、秦中国を統一する前の諸国が争っていた戦国時代の中国が舞台。七国の一つ趙が攻めようとした燕の小さな城郭を、反侵略の思想を持った墨家の革離が請われてこの城郭を守り抜こうとするおはなし。戦うのでは守り抜くという思想、武人だけでなく一般市民をも巻き込んで信頼を得、結束力を高めて敵の攻めをしのいでいくこの物語の世界に引き込まれます。外壁の修理のために内側の王宮の壁を壊してそのレンガを使うところなんか痛快でした。これも一気読みできるおもしろさです。

(26.9k)

 

5月の読書メーター

5月の読書メーター
読んだ本の数:6
読んだページ数:1561
ナイス数:33

グリムのむかしばなしIIグリムのむかしばなしII
読了日:05月28日 著者:
おさん (新潮文庫)おさん (新潮文庫)
読了日:05月26日 著者:山本 周五郎
蜜蜂と遠雷蜜蜂と遠雷
読了日:05月15日 著者:恩田 陸
しげちゃんしげちゃん
読了日:05月05日 著者:室井滋
小犬のピピン (せかいのどうわシリーズ)小犬のピピン (せかいのどうわシリーズ)
読了日:05月03日 著者:ローズマリ サトクリフ
あきない世傳 金と銀(五) 転流篇 (時代小説文庫)あきない世傳 金と銀(五) 転流篇 (時代小説文庫)感想
先へ先へと読みたくなる著者の構成力・文章力、さすがです。今回は主人公:幸(さち)の呉服商「五鈴屋」が自身よりも大店の桔梗屋を買収するところから。新しい支店をうまく回し着けて更に帯地を絡めた商売へ、新しい商品を歌舞伎座の興業にからめて売り込むところなどわくわくしました。
あっという間に読み終えてしまいました、次作はいよいよ江戸進出のようです。でも次作の発売はどうやら1年後、待ち遠しいな~。
読了日:05月02日 著者:髙田郁

読書メーター

「蜜蜂と遠雷」

蜜蜂と遠雷「蜜蜂と遠雷」
恩田 陸
幻冬舎

2016年下期の直木賞受賞作です。そういえば書店等でよく見てましたね。

3年ごとに開催される芳ヶ江国際ピアノコンクールが舞台。ここに参加するピアニストの同行者、審査員、調律師、ステージマネージャーの心も織り交ぜながらピアニスト4人の背景、心の動きを描いていきます。既成の枠に収まらない自然児的な少年ピアニストの奔放な振る舞いや少女時代に名を馳せ挫折も味わった女性ピアニストが徐々に音楽を取り戻し予選から本選に駆け上がっていく様子が印象的でした。音楽を題材にこんなに物語がかけてしまうんだなと感心してしまいます。おもしろかった~!

(26.3k)

「あきない世傳金と銀5」

あきない世傳金と銀5「あきない世傳金と銀5」
転流編
高田 郁
角川春樹事務所

6ヶ月毎に発表されるこのシリーズの2月に発売された5作目、早く読みたかったのですが希望図書を出して図書館で購入してくれたものを順番を待ってやっと読むことが出来ました。
先へ先へと読みたくなる著者の構成力・文章力、さすがです。今回は主人公:幸(さち)の呉服商「五鈴屋」が自身よりも大店の桔梗屋を買収するところから。新しい支店をうまく回し着けて更に帯地を絡めた商売へ、新しい商品を歌舞伎座の興業にからめて売り込むところなどわくわくしました。
あっという間に読み終えてしまいました、次作はいよいよ江戸進出のようです。でも次作の発売はどうやら1年後、待ち遠しいな~。

(26.1k)

「つゆのひぬま」

つゆのひぬま「つゆのひぬま」
山本周五郎
新潮文庫

9つの短編からなる一冊、最後の「陽気な客」はちょっとついて行けない感じもありましたが他の作品はいずれも最後はほんのりと心温まる作品です。短編集を読んだ後の読後感て難しいですが、一作目の「武家草鞋」についてすこしだけ。藩の政争のすえ藩を離れなくてはならなくなった主人公、武家草鞋をつくって生活の糧にしている愚直な主人公が、最後には作った草鞋がもとの主家に使える道に導いてくれる話、短編ながらいい話でした。

「運命の騎士」

運命の騎士「運命の騎士」
ローズマリ・サトクリフ
猪熊葉子訳

11世紀のイギリスが舞台の児童文学、犬飼の孤児ランダルが騎士となるまでの物語です。騎士というのは一種の領地まで与えられたその地の有力者なのですね。一人の人物の呼び方がいろいろだったりオリジナルから日本語で書かれたものとは違う読みにくさがあったりしましたが、読み進めていくともう物語の世界に引き込まれていきます。チェスの勝負で冷酷な領主から引き取ってくれた楽士エルルアン、そこからまた引き取ってくれた騎士ダグイヨン、その孫のベービスとの友情、将来の伴侶となりそうな女性との出会いなど、魅力的な場面がたくさんありました。

(26.0k)