作成者別アーカイブ: すすき

すすき について

性別:男 年齢:とうとう60歳台に突入しました 生活の場:山梨です 趣味:音楽   (ハーモニーファン?) 好きなアーチスト:   佐々木先生(合唱)   ストコフスキー(Orch.)   クロイツァー(ピアノ)   エルマン(ヴァイオリン)

「今月の一曲」を更新しました(9月)

「今月の一曲」を更新しました。今回は「どんぐりころころ」、1975年佐々木先生が山梨大学合唱団を指揮した演奏会での録音です。

下記をクリックし、「今月の一曲」ページでお聴き下さい。

今月の一曲
http://susuki.chips.jp/?page_id=5915

(39.8k)

笹原周辺の鏝絵巡り

 鏝絵巡りシリーズ第6回

茅野市笹原周辺の鏝絵巡り

シリーズ第6回の今回は鏝絵で有名な笹原とその周辺の見て歩き。茅野市駅から路線バスに乗って糸萱集落へ、そして笹原へと向かいます。この周辺にはまだまだ見たい鏝絵があるのですが、日に2本だけのバスの時間に合わせて見学する鏝絵をかなり絞っての鏝絵巡りです。でも今回は笹原の観光町づくり協議会の方がガイドをしていただけるとのことで、また違った楽しみ方ができそうなウォークでした。


01_バス待ち
集合は9:00、ここ茅野市駅に集まったのは22名。これは駅前のバス乗り場でのバス待ちの様子。


02_鏝絵1バスの乗車時間は30分弱、途中のバス停で更に1名乗り込み今回総勢23名のウォーキングとなりました。糸萱入口バス停で降りてメルヘン街道を少し引き返し最初の鏝絵見学。

 

03_鏝絵1拡大ここの鏝絵は立体的な鶴。この蔵は両面に鏝絵がありました。(反対面の鏝絵はこちらをクリック)


04_メルヘン街道Uターンしてメルヘン街道を上ります、歩道のない道をちょっとの我慢。


05_鏝絵2街道から糸萱集落内に入り、すぐに次の鏝絵蔵。この蔵も両面に鏝絵が施されています。
(鏝絵はこちらをクリックしてください。 手前側鏝絵  奥側鏝絵

 

06_鏝絵3こちらは大黒様の鏝絵。(鏝絵はこちらをクリックしてください)


07_3棟の鏝絵蔵再びメルヘン街道を横切って上流側に進むと、鏝絵蔵が3棟並んでいました。
(鏝絵はこちらをクリック  2棟目丑鼻  2棟目鶴  2棟目亀  3棟目


08_ハチマキの千鳥ハチマキには千鳥も。


09_窓枠窓枠もお洒落です。


10_糸萱の通り糸萱集落内を走る道路はこんな雰囲気。ここ糸萱に別れを告げて広い田園風景の中を20分ほど歩くと笹原集落にたどり着きます。


11_笹原開拓碑笹原でガイドさんと合流、ここからは説明を聞きながら笹原集落内を見学です。まずは笹原開拓の碑。ここ笹原はかつては名前の通り笹野原で霧ヶ峰状態だったのだそうです。そこに江戸時代入植したのは武家の人たち、強い結束力だったようです。


12_一番観音この奥にある奥蓼科温泉までつながる湯みち街道が集落を貫いており、街道沿いに66体の観音様が安置されているのですが、ここ笹原がその始まり。これがその一番観音です。

 

13_勝軍地蔵勝軍地蔵という珍しいお地蔵様。防火の神でもあるそうです。


14_山の神集落の中には幾つもの神社があります、これは山の神神社。笹原で最初に建てられた神社。そのほかにも各姓毎に神社があり、この隣には中島姓の方々の神社がありました。それぞれが小さな鳥居と小さな祠です。


15_信玄棒道集落を貫いて蓼科方面に伸びる信玄棒道。山梨県北杜市からここに至っていたのは知らなかった。


16_鹿狩神社これはちょっと大きな神社で、鹿狩神社。捕ったシカをこの境内で解体した?


17_萩屋萩屋(はんや)。牛馬の飼料となる草を貯蔵したものですが、現存するのは2棟のみ。しかし朽ちかけていて痛々しい。


18_田園風景集落の北側に広がる田園。その向こうは蓼科方面なのですが、空模様が怪しくこの日の眺望はちょっと・・・・。


19_寺子屋先生の墓これは寺子屋の先生の墓、小さな集落に寺子屋があったんですね。そんなところにも武家集団の開拓地であることがうかがえます。


20_笹原鏝絵1集落の一番南まで下った後、今度は上流がわに向かって進みます。この通りは笹原の中でも鏝絵蔵が並んだところで、鏝絵通りというそうです。


21_釣り糸使用鏝絵その最初の蔵の鏝絵、恵比寿さんが鯛を釣り上げていますが、本物の釣り糸を使っています。


22_虎その蔵の虹梁の木口の鏝絵で、月を仰ぐ虎。反対側の木口にも鏝絵がありました。


23_亀これも同じ蔵の窓枠、右下に亀がちょこんと。これがなかなか評判なのだそうです。わかるな~。


24_大黒大黒様の鏝絵、青色が鮮やかで美しい。壁の下半分は石壁風で現代的。仕上げはかなり新しい蔵のようです。(鏝絵はこちらをクリックしてください)

 


25_亀がいっぱいこの蔵は虹梁の若葉に亀がたくさん描き込まれています。(鏝絵はこちらをクリック)


26_建てぐるみこれは、店舗・住居・蔵が一体化した珍しいもので、「建てぐるみ構造」というのだそうです。


27_滝に打たれる亀白い漆喰壁は落ちてしまっていますが、丑鼻の鏝絵だけはしっかり残っています。この中に亀が3匹、見つかりますか?(鏝絵はこちらをクリック)

28_池笹原の家それぞれに池がつくられて、鯉が泳いでいます。貴重なタンパク源で、来客の折りなどに振るまったのだとか。


29_龍こちらは歴史を感じさせる「龍」の鏝絵。(鏝絵はこちらをクリック)


30_猫最後はこれ、家人が大変な猫好きで鏝絵にもこだわり。右の猫の尻尾の近くには鼠も描かれています。遊び心たっぷりのこの鏝絵、すきだな。

 

31_湯みち街道笹原のガイドさんにお礼を言ってお別れ。岳麓公園目指して歩き出しました、もうすぐお昼。で、昼食場所の岳麓公園は池あり芝生あり水路ありでなかなか良いところだったのですが、写真を撮らないで終わってしまいました、残念!


32_土道午後の部スタート。自動車道を避けてこんな道を歩けたら最高。


33_大黒様再び湯みち街道に出たところ、須栗平で鏝絵発見。これもまたよく描かれた大黒様、打ち出の小槌にも珍しい波模様。黒の背景に小槌から小判がこぼれ落ちています。(鏝絵はこちらをクリック)


34_湯みちに別れ湯みち街道に別れを告げて、終着点の尖石考古館バス停を目指します。

 


35_リゾート地内リゾート別荘地の中をすすみ、


36_林道林を抜け、


37_翁像ここが終着点の尖石考古館前。この地の農業用水路を開くのに力を尽くした坂本養川像です。バス乗車時間に少し余裕をもって到着できました。

今回私は企画側。電車と路線バスを利用したウォーキングで、バス運行時間の制約もあり歩行距離はちょっと短めでしたが多くの方に参加していただけました。また笹原の観光町づくり協議会から4人のかたにガイドをしていただき、単に見て歩くだけでなくこの地の歴史や文化を紹介していただき、ちょっと内容の濃いウォーキングになったかな。

ガイドしてくださった笹原のみなさん、ありがとうございました。そして参加していただいたみなさん、ありがとうございました。鏝絵巡りシリーズ、まだまだ続きますよ~。

 下記ページに今回紹介できなかった鏝絵も載せています。よろしかったらご覧下さい。

北山・糸萱の鏝絵
湖東・笹原の鏝絵
湖東・須栗平の鏝絵

 

中野の棚田巡りウォーク

初秋・中野の棚田巡りウォーク

参加してきました。

01_集合集合場所は南アルプス市のほたるみ館、30人ほどの参加者でした。まずはここでストレッチ、そして歩き始めました。

02_歩き始めスタートしました。ゆるやかな斜面の農地の中を歩いて櫛形山方面を目指して歩きます。

03_妙了寺1最初の目的地:妙了寺に到着。境内の中には桜の大木がたくさん、花の季節は見事でしょうね。

04_妙了寺2木陰に立つ石灯籠

05_妙了寺3今回は裏から入ったのですが、山門側には立派な仁王様が2体睨みをきかせています。

06_妙了寺4これが寺の山門、本来ならこちらから。

07_妙了寺5山門の外には立派なお題目塔が立っています

08_のぼり1坂を登ります

09_のぼり2登ります

10_のぼり3山が近づいてきました。

11_花1
12_花2
道路脇の花々

13_中野の柿中野のカキ、根回り5.3mの大カキの木、県の指定文化財です。

14_クリクリが実ってきました、秋ですね。

15_展望台田畑地と山林の境、この日の最高地点には棚田や遠く盆地を見下ろすための展望スペースが用意されていました。

16_棚田1こちらが甲府盆地

20_棚田5 19_棚田4 棚田風景

21_下り昼食場所に向かって下ります。木に囲まれると涼しくて嬉しい。

22_湯沢公園昼食はここ、湯沢公園。

25_広誓院1午後の部をスタートしてすぐに広誓院到着。

26_広誓院2この寺の境内には大カヤの木があります。誰かが碁盤の説明をしていました、碁盤てカヤの木でつくるんですね。

27_広誓院3寺の境内の端に小さな社があり、その中に安置されていた木像。高さ50cmくらいかな。

28_広誓院4塀の内側に石仏像が並んでいます。

31_橋広誓院から少しのぼると広い道に出ました。残暑厳しい日でしたので最後は少しショートカット、広い道をほたるみ館まで一直線。小さな川を跨ぐ橋の欄干には花が。

29_欄干1
30_欄干2
32_欄干3

 別の橋にはアヤメも登場します。

34_道路脇フェンスそしてここにもアヤメ。アヤメの里:櫛形ですね。

35_かかしこんなかかしも楽しい。

33_見上げる最後にもう一度歩いてきた棚田を見上げて一枚。稲刈りの終わった田んぼもわずかにはありましたが、稲が実った棚田風景、ちょうどいい時に見る事ができました。

リーダーさん、サブさん、ありがとうございました。

(39.5k)

武川の鏝絵ページ

武川の鏝絵ページをつくってみました。

武川の鏝絵はなかなか見つからなかったのですが、最近になって地元の方に「柳沢にあるよ」と聞き、ある手見ました。限られた範囲に7件、集中してありました。他の地域で見られる鏝絵とはまた作者が違いそうです。

以下のページをご覧下さい。

武川の鏝絵
http://susuki.chips.jp/?page_id=10772

 

「傑作はまだ」

傑作はまだ「傑作はまだ」
瀬尾まいこ
ソニー・ミュージックエンタテインメント

 瀬尾まいこさんの作品、今年本屋対象を受賞した「そしてバトンは渡された」では次々と変わる血のつながりのない親に育てられ、でもそこにあたたかいものが流れているような作品でした。その前には「春、戻る」で和菓子屋に嫁入りが決まっているヒロインの下に血の繋がらない、しかも年下の「お兄ちゃん」が現れ、過去に心の傷をもったヒロインの心を温め後押ししてくれるような小説がありました。今度の作品はそこそこ売れている小説家、一人暮らしで社会とのつながりをほとんど持たずに小説を書き続けている主人公、そこに突然実の息子が「はじめまして!」と登場する。そんな不思議なおはなしに「またこのパターンかよ!」と思ってしまう始まりでした。そんな気持ちで読み始めた作品ですが、引き込まれてしまいました。「あり得ない」感も強かったのですが最後にはほんのり「よかったね。」と思えるようなおはなし、さすが瀬尾まいこさんです。

(39.3k)

「サイド・トラック」

サイド・トラック

「サイド・トラック」
-走るのがニガテなぼくのランニング日記-
ダイアナ・ハーモン・アシャー作
武富博子訳
評論社

 今年の中学生向け夏休み課題図書の一冊です。
発達障害のひとつ:ADD(注意欠陥障害)を抱えている主人公:ジョセフはアメリカの中学2年生、T先生に勧められて陸上部に入りクロスカントリーを始めます。通級指導教室という障害をもった子達が学ぶ教室があったり、部活動のあり方が日本と大分違うことも感じます(その種目に優れている子が集まるわけではないらしい)。障害を持っている子に対しての偏見やいじめがあり、そして応援してくれる友だちや先生なども登場し、学校の仕組みは違っても私たちの日本の環境に置き換えて主人公になりきって読む事ができます。普段の生活にも、そして与えられた距離を走り切るにも障害がある事を読んでいる私たちが理解していきます。私たちにも発達障害というものを学習する機会は多くありますが、この小説では障害を持っている主人公になりきって見つめていくことで、知識ではなくこうした子どもたちを支援する心を養ってくれる本だなと感じました。

(39.2k)

「今月の一曲」を更新しました(8月)

2ヶ月ぶりとなりましたが「今月の一曲」を更新しました。今回は「気のいい鵞鳥」、1982年佐々木先生が山梨大学合唱団を指揮した演奏会での録音です。

下記をクリックし、「今月の一曲」ページでお聴き下さい。2

今月の一曲
http://susuki.chips.jp/?page_id=5915

学生による夏合宿の感想

この夏、梨大合唱団で私たちよりも数年下の学年が中心となった唱うOB・OG会に参加させていただきました。そこでは私たちの会と同じように讃美歌はじめ多くのア・カペラ曲を次々と歌うのですが、その会場に用意されていた当時の団内誌「和声」を何冊も借りることができました。この中から学生の視点での当時の合唱団について書かれた文章をいくつか紹介したいと思います。

まずは1980年の「和声」から、夏合宿を終えての文章を一つアップしてみましたのでご覧ください。

「夏合宿を終えて」
http://susuki.chips.jp/?page_id=10706

茅野市「湖東笹原の鏝絵」

茅野市湖東の笹原地区の鏝絵ページをつくってみました。

茅野市の中でも鏝絵が集中して存在するところ:笹原。「くらフォーラムin八ヶ岳」がこの地の鏝絵を紹介するパンフレットを作成していますが、それも今は入手不能となってしまいました、残念!絵柄の鏝絵だけで20ヶ所、一通り見てきました。以下のページをご覧下さい。

湖東・笹原の鏝絵
http://susuki.chips.jp/?page_id=10625

(38.9k)